会社案内のレイアウトの基本

会社案内を作成する時に、見やすく、華やかに、魅力が伝わるようにするのが基本です。しかし、ただ、いろいろな情報を載せただけでは、余計に見にくくなることもあります。また、スッキリしていないと、よく読みこもうとする気も起りません。そのため、会社案内作成の時には、レイアウトに気を付けることが意外と重要なポイントになります。レイアウトが整っていて、スッキリ見やすいと、見る人の頭の中も整理され、理解しやすくなります。また、情報が頭の中に残りやすくなるので、会社案内作成の時は、内容はもちろんですが、構図にも気を付けなくてはなりません。どんなことに気を付けるかと言うと、文章のエリア、写真のエリア、図やイラストのエリアと分けて考えると良いです。すべてがごちゃごちゃと混ざっていては、情報が多すぎて混乱します。きっちりと分けることはありませんが、意識的に分けることは大切です。会社案内作成の時には、ある程度の基本的なフォーマットがある業者が多いです。そのフォーマットは研究して効果的と判断されたものですので、それをベースにアレンジするのも便利です。また、こだわりのポイントがあれば、そこだけはイレギュラーなレイアウトにするのも、逆にインパクトがでるかもしれません。ですが、見やすいこと、情報が整理されている構図が重要です。自分たちの情報発信であるとともに、見る人の見やすさを第一に考えなくてはならないのが会社案内作成時のポイントです。
Read More

会社案内の依頼から納品までの流れとは

“会社案内ができるまでの流れは、まず会社案内作成を行っている業者に申込をします。申込は電話やFAX、インターネット、メールなどを使って行うことができますが、専用フォームから必要事項を入力して送信するだけで良いインターネットの方法が便利です。申込を行うと、会社案内作成業者は申込内容をもとに見積もりを計算し、申込者側に提示します。この提示内容に申込者側が納得したら、申込者は正式に業者へ会社案内作成を依頼することになります。
申込者が依頼を行うと、後日業者側の担当者が申込者のもとへ打ち合わせを行うために訪問してきます。申込者と担当者による打ち合わせの結果は、後日構成案として書類にまとめられます。構成案を申込者が了承したら、業者側はただちにデザイン案の作成作業に入ります。このとき、撮影した写真を会社案内に掲載する場合はデザイン案作成と並行して写真撮影の作業も行われます。
デザイン案が完成したあとは、申込者と業者側で議論をしながら、校正と修正の作業を行って完成度を高め、デザインの最終案をつくっていきます。最終案が完成したら、印刷に向けた最終調整を行った後、印刷が行われます。そして、申込者が指定した場所に印刷された会社案内が納品されます。
業者に会社案内の作成を依頼してから納品が完了するまでは1ヶ月から2ヶ月程度、デザインの印刷開始から起算すると1週間程度の期間がかかります。ただし、急ぎの用件である場合、業者にその旨をしっかりと伝えて、通常料金にいくらか料金を追加すれば、大抵は製作期間を通常より短くしてくれます。急ぎで会社案内作成をしなければならない場合は、遠慮せずに会社案内作成業者に相談しましょう。”
Read More

会社案内を自作する場合の注意点

昨今、特に若い人を中心に全体的なパソコンスキルが上達し、画像処理ソフト、ワープロソフト、DTPソフトなどを一定以上扱える人が増えていることなどを背景に、会社案内作成を自作する企業があります。以前は、会社案内作成は専門業者に依頼していたものですが、コストカットやより情報を素早く更新するためにも自作するケースが増えてきています。会社案内作成自作の注意点を挙げていきます。作成者は、まず会社案内に載せたい情報を集め、精査します。必ず載せる情報、余裕があれば載せる情報、など情報の重要度を決めていきます。イメージがわかなければ、以前の会社案内を参考にすると良いでしょう。次に、画像が必要であればそれを収集します。社内の風景写真や、商品写真などを集めます。この際、インターネットから画像を収集するのは絶対にやめましょう。背景画像やカットイラストなどが必要であれば、フリー素材集を購入するのも手ですし、社内に得意な人がいれば依頼するのも良いでしょう。そうして素材となるものを集めたら、実際に配置していきます。会社案内を通して、読む人にどんな情報を強調したいのか、どんな印象を持ってもらいたいのかを具体化していきます。もっとも売りとなる部分に多くの紙面を割くようにしましょう。大体のものができたら一度印刷してみて、色々な人に見せて意見を貰いましょう。その作業を繰り返すうち、より分かりやすく、伝わりやすい会社案内になっていくことでしょう。
Read More